製品情報:BH1シリーズ

単相複巻 100V系/24V系

入力100V系・出力24V系で端子台を採用

JIS 単相複巻 100V系/24V系 BH1 BH1 結線図 BH1 寸法図
品名 仕様 外形寸法(mm) 取付寸法(mm) 推奨取付
ネジ
端子ネジ 端子間隔
(mm)
質量
(kg)
仕様書
電圧(V) 2次電流
(A)
タイプ A B H L a b
BH124-1

1次電圧
100/110

2次電圧
20/24

1 1 69 62 85 92 81   M4 M3.5 6.8 0.8 PDF
BH124-2 2 1 79 70 94 104 93   M4 M3.5 6.8 1.2 PDF
BH124-3 3 1 79 77 94 104 93   M4 M3.5 6.8 1.6 PDF
BH124-5 5 2 88 80 101 110 99 25 M4 M3.5 6.8 2.1 PDF

類似のシリーズがあります(一次電圧:単相50/60Hz 100V系 二次電圧:70V以下)

HP HT HTW HTR 比較表

BH1 シリーズの配線・接続について

  • 接続は、端子ネジ当り2本までとしてください。
  • 圧着端子は絶縁付、又は絶縁チューブを使用し、絶縁距離を確保してください。
  • 直接電線を接続される場合は、電線の被膜剥離長を座金の幅より1~2ミリ程度長めにカットされ、下図のように電線被膜が端子ネジ押さえ金具に接するまで挿入してください。2本の電線を接続する場合は、同サイズの電線を用い端子ネジの両側に挿入し、規定のトルクで確実に締付けてください。
     
  • 端子ネジ締付けトルクは下記表の値に基づいて確実に行ってください。 - 締付けトルクが不十分な状態で通電されると、接続部が発熱したり、電線が脱落し感電・短絡・火災等の重大な事故の原因となる場合もあります。
ネジサイズM3.5M4M5M6
ネジの種類端子端子※碍子端子端子※碍子
締付けトルク(N・m)0.8~1.21.2~2.00.9~1.12.0~2.53.5~5.02.7~3.3

※碍子は、耐雷トランスに使用